投稿の詳細: 革のバッグ

革のバッグ

永続的リンク 2013/09/19 11:23:17 ,カテゴリ: 07 小物, 01 有松よもやま話

これから取り組む商材に革のバッグを考えています。
革に絞りの糸目やシワを形状記憶させ、縫いこむ方法です。
有松絞り特有の存在感が出るはず!
革の知識が乏しいため、今から勉強です!
写真は試作第1号

この記事へのトラックバック アドレス

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 15 件あります....

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

ブログトップへ

有松絞りの山上商店

400年の歴史を持つ絞りの里、有松(名古屋市緑区)。伝統工芸有松・鳴海絞りは この有松で生まれました。今もなお古い町並みと山車等を所有するこの町は、絞り 産業とともに歩んできたのです。 春夏秋冬、年間を通して行われるこの地域のイベントをこのブログを通して、皆さ んにご紹介したいと思っています。もちろん弊社、㈱山上商店の売り出しや新商品 の紹介等もさせていただきます。 また、有松は名古屋市の保存地区でもあり、それを維持するための地域団体の情報 なども紹介させていただきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

リンクブログ

リンクブログ

2015年1月14日(水)
iPhoneから送信
以前の写真はこちらから

カレンダー

2018年4月
<< <     
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリー
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?